» 未分類のブログ記事

ドライブを趣味にする人は多くいますが、日本の各地を高速道路で移動する他、県道や国道をのんびり走るのもまた魅力のあるものです。
目的地までに決まった時間で到着しなければならないなど、時間に制約がある場合には高速道路を利用したほうが良いですが、休日などに目的も特に決めずにブラブラと走るのもまた違った楽しみ方と言えます。
こうした下道を走るときに利用すると便利なのが道の駅です。
全国の様々な場所に設置されており、それぞれ地域ごとの特徴や特色を持った施設が備えてあるのが大きな魅力です。
中でも、農耕地や各種工芸品の産地などにあるものでは、体験農園・体験工房を併設しているところもあり、ぶらりと立ち寄った先でこれらの体験を楽しむことができるようになっています。
また、農園がある場所ではとれたての様々な名産品などが安価で購入できたり、酪農などを行っている地域ではソフトクリームなどの乳酸品も揃っているところがあります。
工芸品の産地では、実際に工芸品を制作するのを体験できる他、工房を見学するなど、それぞれの地域の特産物に直に触れることができるのが魅力となっています。
これらは費用がかかるものもありますが、無料で利用できるものもあるので、旅の思い出づくりに最適なものとなっています。

gf1950145872l一般道を長距離をドライブするとき、休憩場所として利用するのに便利なのが道の駅です。きれいでたくさんのトイレが設置されており、飲み物や軽食を食べることができるようになっているので、休憩するのには最適なのです。もちろん、コンビニなどでも休憩することができますが、店内に入ったらトイレだけというわけにはいきませんよね。特に欲しくもないのに余計なものを買ってしまいがちです。しかし、道の駅であればただ休憩するだけも問題ありませんし、広い駐車場にクルマを止めて仮眠をとることもできます。

しかし、中に入ってみると、地元の野菜が売っていたり、お土産などが置いてあったりと、魅力的な物がたくさん販売されているので、ついついお買い物をしたくなるものですよね。地元ならではの無農薬野菜が格安で販売されていることも多く、それを目当てにやってくる人も少なくないようです。また、史料館・博物館が設置されているようなところまであります。初めての道を運転する場合は、予めどこにあるのかインターネットで調べておくと良いと思います。それを元に休憩ポイントを決めておくと安心です。場所によっては、いつまで走っても全くないような場合もありますので注意が必要ですね。

キャンプはキャンプ場などの施設を利用するのが一般的ですが、地域的な面から利用しにくい場合があります。山の奥深くでキャンプをするにはキャンプ・オートキャンプ場の利用となりますが、その場合には装備やアイテムを充実させる必要があります。キャンプ用のアイテムがない場合には簡単にはキャンgf1940072417lプ・オートキャンプ場の利用は難しいですから、気軽に利用できる道の駅に併設しているキャンプ場を利用するのが効果的です。テントサイトが常設されていますし温泉施設が整っているなど、宿泊にも困らず気軽に利用できるのがメリットになります。僅かな装備でドライブがてらに利用することも可能ですから、本格的な装備を持たない人でも楽しめるメリットがあります。キャンプ場ではレンタルを利用できる場合もありますが、キャンプ場によって異なりますので注意が必要です。道の駅に設置されているキャンプ場はアクセスの良さが魅力ですし、幹線道路沿いに設置されていることもメリットになります。山奥まで入らなくてもキャンプが可能ですし、清潔なトイレがいつでも利用できるなどメリットも多いと言えます。色々な楽しみ方がありますが、誰もが本格的なキャンプばかりではありませんので、目的や楽しみ方で選ぶのが良い方法です。

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアのように、一般道でも利用できる休憩施設を道の駅といいます。施設には24時間無料で使える駐車スペースや、トイレ、電話や公通情報などの情報提供施設が備えられています。施設によっては、レストランや売店なども完備しています。こうした施設は全国で1000か所以上用意されており、長距離運転の時の休憩などに利用されます。カーナビによっては施設を検索できるので簡単に探せて便利です。
温泉に入れる道の駅もあります。こうした温泉施設は午前9時から午後9時まで開いているところが多く、入浴料金も手頃なため多くの人に利用されています。施設によっては天然湯を使っていたり、サウナや岩盤浴が楽しめます。宿泊施設を備えているところもあるので、ドライブの時の急な宿に使えて便利です。宿泊施設によってはインターネットで宿泊状況の確認や、予約が行えます。
物産の展示や販売コーナーを備えている施設では、地元の野菜や特産品を売っていることがあります。また、旅の楽しみとして記念キップも販売しています。国鉄で使われていた厚紙のキップと同じサイズで、キップの裏にはさまざまな豆知識や観光情報が書かれています。このように、駐車場としてだけでなく、温泉や買い物も楽しめるのが特徴です。

道の駅の有効活用法

| 未分類 |

ドライブをするなら道の駅を活用してみるのもいいでしょう。割と近年見受けられるようになった施設ですがこれはパーキングエリアのように高速道路に設置されているものではなく一般の道路沿いにあるのが特徴です。
大体地元の名産品などを販売しています。野菜や加工食品なども販売していますしその場で食べられるものもあるのです。ちょっとした屋台のようなものもあるので小腹がすいた時などに活用できます。本格的な料理を出すお店もあり食事にも利用できます。
ここで販売されている野菜などは農家の方が直接販売しているものが多いので質が良く新鮮なのです。
なかなか一般では見られないような特殊な野菜なども販売しています。直販と言うことで価格も手ごろなのが嬉しいところです。
道の駅と言うこともあり沢山の駐車スペースが確保されています。
大型のパーキングエリアと同じようにとまではいきませんがトイレも設置されているためトイレ休憩のために活用するのもいいでしょう。
ペットを連れている方はお店の中に入ることはできませんが敷地の中だけなら歩かせることができます。
運転に疲れてリフレッシュしたい時に利用するのもいいでしょう。
車のみならずツーリングをする方も利用できます。

車の中で寝泊まりをするドライブ旅行をしていますと洗濯物が増えてしまいます。
そのまま着用するのは夏場だと抵抗がありますが、その時に使えるのがサービスエリアやパーキングエリアに設置されているコインランドリーなのです。
全ての施設に設置されているわけではありませんが、大型のところでしたらあるので調べてみましょう。
コインランドリーには乾燥機などもありますのでそのまま乾かすことができます。もしも途中で雨に濡れて服の替えのない場合にもいいでしょう。かなり役立つ存在です。
またランドリーのスペースにはテーブルなども設置されていますのでここで休憩を取ることもできます。
雑誌などが置かれている場合もあるので情報収集の場として使うももいいでしょう。
もちろん選択をしている間に施設の中で食事をしたり買い物をするのも構いません。
小さな子供さんのいる家庭でも楽しく過ごせるはずです。
コインランドリーは多く設置されているためにあまり待たされることもないでしょう。車に敷いている座布団などを洗いたい場合にもおすすめです。これを利用すれば必要最低限の荷物だけで旅行ができます。荷物で車内が圧迫されませんので広々とできるのがいいところです。

 ドライブと言えば、非常に人気のあるレジャーの方法と言えるでしょう。自動車で少し遠くまで出掛けると、日常から離れた珍しい風景だけでなく、美味しいものにも出会えたりします。しかし、その場合、ドライバーの負という場gf1420135114l合も大きくなります。そこで、疲労が蓄積したと感じる場合は、早めに休息をとるようにしましょう。ドライバーにとって休息をとるのに適した場所と言えば、サービスエリアやパーキングエリアのマッサージコーナー等がおすすめです。運転を長く続けると、身体もこり固まってしまうため、マッサージチェア等を利用すると、身体がほぐれてリラックスすることができます。また、マッサージを行えば、全身の血行が良くなるので、集中力も回復し、眠気も取れます。こうしたことから、もし、長距離運転をして疲労を感じるようなら、早めにマッサージを利用してみてはいかがでしょうか。サービスエリア等はそのまま車の中で仮眠をとることもできますし、自動販売機で濃いめのブラックコーヒーを買ったり、眠気を抑えるドリンクや栄養剤等も販売していることもあるので、スキッとリフレッシュすることもできます。眠気やだるさが回復すれば、またレジャーの続きも楽しめるようにもなります。

ドライブをしていると途中で眠たくなる事もあります、また宿泊施設が見つからずに奔走してしまうこともあります。
その時にはサービスエリアやパーキングエリアの中にある宿泊施設を使うといいでしょう。
どこでもあるわけではありませんが大型の施設の場合には設置されていることも多いのです。
基本的にはビジネスホテルのような内容になっていますがベッドもありますのでゆったりと過ごすことができます。車の中で眠れない方や小さな子供さんを連れてる方にはいいでしょう。
そしてこのようなgf0640255792l施設は宿泊ではなく仮眠のスペースとしても使うことができるのです。夜中からずっと寝ずに運転してきた方が休息を取るのにはいいかもしれません。
シャワールームなどもありますのでここで汗を流してすっきりとさせるといいでしょう。
シャワーだけを借りることもできますのでキャンピングカーで旅行をしている方にはうってつけです。
宿泊施設はサービスエリア内にあるので夜に買いモノをしたいときには同じ敷地の中にあるコンビニで買い物をすることも可能です、非常に便利な環境の中で過ごせますしビジネス目的で利用するのもいいでしょう。
今ではただ食事やトイレ休憩をするだけの施設ではないのです。

高速道路でドライブをしている時に、トイレに行ったり休憩に利用されるのがパーキングエリアやサービスエリアです。一見同じに見えるこの2つの施設ですが、実は利用できるサービスが少し異なっています。
パーキングエリアは小規模な駐車スペースを持った休憩施設です。運転に疲れたドライバーの休憩のために、だいたい20キロ間隔で用意されており、トイレや自動販売機が設置されています。ただ、食堂や売店などは施設によってあったりなかったりするので注意が必要です。また、大型車用の駐車スペースが少ないため、団体旅行などの観光バスだと駐車しにくい場合があります。
サービスエリアはトイレや自動販売機だけでなく、売店や食堂、場所によってはガソリンスタンドも備えた大型の休憩施設です。入浴施設や宿泊施設、マッサージコーナーなどを備えたところもあります。最近では売店ではなくコンビニエンスストアやファーストフード店が出店するなど、より使いやすい施設も増えてきています。設置されている間隔は60キロ程度と若干距離があるのが特徴です。駐車スペースも広く、大型トラックや観光バスなども問題なく駐車できます。例外はありますが、この2つの施設の違いは規模の差といえます。
高速道路での長時間運転は、疲労と集中力の低下を招きます。だいたい2時間に1回くらいのペースで休憩を取ると、快適に運転できるようになります。