高速道路のサービスエリアやパーキングエリアのように、一般道でも利用できる休憩施設を道の駅といいます。施設には24時間無料で使える駐車スペースや、トイレ、電話や公通情報などの情報提供施設が備えられています。施設によっては、レストランや売店なども完備しています。こうした施設は全国で1000か所以上用意されており、長距離運転の時の休憩などに利用されます。カーナビによっては施設を検索できるので簡単に探せて便利です。
温泉に入れる道の駅もあります。こうした温泉施設は午前9時から午後9時まで開いているところが多く、入浴料金も手頃なため多くの人に利用されています。施設によっては天然湯を使っていたり、サウナや岩盤浴が楽しめます。宿泊施設を備えているところもあるので、ドライブの時の急な宿に使えて便利です。宿泊施設によってはインターネットで宿泊状況の確認や、予約が行えます。
物産の展示や販売コーナーを備えている施設では、地元の野菜や特産品を売っていることがあります。また、旅の楽しみとして記念キップも販売しています。国鉄で使われていた厚紙のキップと同じサイズで、キップの裏にはさまざまな豆知識や観光情報が書かれています。このように、駐車場としてだけでなく、温泉や買い物も楽しめるのが特徴です。